喫煙と便秘、一見すると全く関係ないような感じがするでしょう。しかし実際には、両者には密接な関係性があることが徐々にわかってきています。

どういうことかというと、たばこにはニコチンが含まれています。ニコチンには、血管を就職させる作用があります。

朝起きてすぐにタバコを吸う習慣のある人もいるでしょう。中にはたばこを吸ってしばらくすると、便意を催す人も多いはずです。

これは体内にニコチンを入れることで、胃腸の毛細血管が刺激されるからです。その結果胃腸の働きが活発になって、便意を催すわけです。

このため、禁煙をしてしばらくすると便秘になってしまう人がいます。

禁煙することで、ニコチンが体内に入ってきません。本来あったはずの刺激を胃腸が受け取れなくなってしまいます。このため、胃腸の働きが抑えられてしまって、なかなか便を排出できなくなってしまうわけです。

しかしもちろん、このことは喫煙を勧めているわけではありません。禁煙することで便秘になるのはあくまでも一時的な症状と思ってください。

タバコ以外の方法で、腸を刺激すればいいわけです。たとえば、適度な運動をすることでも腸は刺激されるので、便を排出しようというして動いてくれます。

加えて、喫煙によって体内酵素は消費されます。禁煙すると便秘する方は、酵素ドリンクで酵素を補ってあげることで、便秘対策にもつながります

おすすめの記事