薬用美白クリーム「ビハキュア」は、あの相田翔子さんも使っている薬用美白クリームです。

美白ケアには欠かせないとして40代~50代のシミ対策として大人気。楽天市場でも、売上ランキングで堂々の1位を獲得しています。

そんなビハキュアですが、シミに対して一体どんな効果があるのか…。そして、本当に美白できるのか?気になるところですよね。

ということで今回の記事では、そんなビハキュアの効果について調べてみました。ぜひ、美白クリームを購入する際の参考にされてください。

ビハキュアの主成分

ビハキュアの主な成分は、美白有効成分であるハイドロキノン誘導体(アルブチン)とトラネキサム酸です。

それにプラスして、お肌をサポートする厳選された天然由来エキスとなっています。これらがシミに対してどんな効果があるのか、それぞれの働きについてご紹介いたします。

ハイドロキノン誘導体

美白には欠かせないハイドロキノンですが、シミを取るためにはとても重要な成分です。そのため、シミ取り化粧品のほとんどにハイドロキノンは配合されています。

その効果から「肌を漂白する」などと言われますが、気を付けたいのは副作用の問題です。

濃度の濃いハイドロキノンは皮膚科でしか使えないほどで、シミに対してはそれほど強い効果を持ち合わせています。

そのため、シミ消し化粧品にはかなり濃度を薄くしたものが使われています。

けれど、それでも弱いお肌にはおすすめできない商品もあります。また、まれに白斑ができてしまうこともあるので注意が必要です。

そんな性質をもつハイドロキノンに対して、ビハキュアに含まれているハイドロキノン誘導体はその性質がちょっと違います。

ビハキュアに使われているハイドロキノン誘導体は、ハイドロキノンとブドウ糖をα結合させて作られています。

そのため、ハイドロキノンとは別ものになります。けれど、これがとっても重要なんですね。

というのも、副作用の強いハイドロキノンより安全性が高いのにシミを防いでくれるというとってもうれしい成分なんです。

安全性が高く副作用の心配もないので、お肌が弱い方でも安心して使うことができます。もちろん、ハイドロキノンのようにシミを取り除くような強い作用はありません。

けれど、これから新しいシミができないようにしっかりガードしてくれる作用があるというわけです。

トラネキサム酸

トラネキサム酸の働きは、紫外線によるメラニンの生成をブロックすること。メラノサイトの活性化を阻害するため、メラニンそのものを作らせない働きがあるわけなんです。

そのため、日差しによるシミを防ぐ効果が期待できます。そして、トラネキサム酸には抗炎症作用があることも大きな特徴なんです。

加えて、肝斑(様々な要因で両頬に左右対称に出来るシミ)にも効果的に働くことでもよく知られています。

紫外線からお肌を守りながら、ニキビ跡などのお肌の炎症を改善する効果もあるというわけなんですね。

ビハキュアがあれば、日差しを気にしてファンデを厚塗りする必要もないかもしれません。

天然由来成分

ビハキュアには、お肌に嬉しい9種類もの天然由来成分が配合されています。

これらの天然成分が、保湿・抗酸化作用・肌の弾力・美白といった効果でしっかりとお肌をサポート!

肌本来の美しさを取り戻すために必要な天然由来成分となっています。

ビハキュアの効果

ビハキュアの主成分である、ハイドロキノン誘導体・トラネキサム酸・そして9種類の天然由来成分について解説してみました。

それぞれで働きは違いますが、ビハキュアに期待できる効果はお肌の新陳代謝の促進です。お肌の新陳代謝というのは、肌のターンオーバーのこと。

ターンオーバーが活発になってお肌が生まれ変わってくると、シミも自然と薄くなっていくことに。

同時にくすみの改善にも期待できるため、お肌もワントーン明るくなってすっぴんにも自信が出てきます。

他にも、お肌の潤いが改善したという嬉しい声もあります。

しっとりした潤いのあるお肌になれば、気になっていた老けた肌が若やいだお肌に大変身。シミだけでなく、こちらも見逃せない効果ですね。

もちろん、1週間くらい使っただけではビハキュアの美白効果を自覚できるわけではありません。

けれど、3ヶ月以上使ってみるとお肌がきれいになっていることが分かると思います。

使い心地も悪くなく、スーッとお肌になじんで浸透してベタつきもないとのこと。これなら長く続けられる美白クリームと言えそうですね。

おすすめの記事