シミ スキンケアの方法

シミを消したいと思ってスキンケアの方法を調べてみても、たくさんあり過ぎてどれが本当に効果的なのか分からなくなってしまいますよね。

けれど、正しいスキンケアをしていかないと「シミ対策もちゃんとしているのにシミになりやすい」「スキンケアしているのにシミが増えた気がする」ということにもなりかねません。

そのため今回の記事では、これ以上シミを増やさないための基本的なスキンケアの方法をご紹介しています。ぜひ参考にされてください。

シミのスキンケアと洗顔方法

シミができる原因は紫外線をはじめ様々ですが「肌への摩擦」もその一つです。化粧水や美容液にクリームなど、それでなくてもスキンケアの際はお肌に塗るものが多くなります。

肌への過剰な摩擦は、それ自体が刺激となってお肌を敏感にします。するとそれが、シミができやすくなる原因となるのです。

神経質になり過ぎて「シミに効果がある化粧品をたくさん使えばシミが消えるだろう」と、一度に多くのアイテムを使ってスキンケアしてはいないでしょうか?

そんな過剰なスキンケアは、自分でシミを作ってしまうことになりかねません。神経質になるのではなく、優しく丁寧にスキンケアしていきましょう。

基本的なスキンケア

スキンケアしているのにシミが増えるのは、もしかしたらスキンケアの方法が間違っているかもしれません。

美白効果の高いスキンケア化粧品とシミ消しクリームを使ってケアしていくのは間違いではありませんが、正しくスキンケアしていかないと十分な効果を得るのは難しいものです。

そうならないためにも、毎日のスキンケアで気を付けて欲しいことや洗顔料などの正しい使い方についてご紹介していきます。ぜひ、ご自身のスキンケア方法を見直す参考にされてください。

クレンジング

クレンジングは、シミ消しに限らずスキンケアでは最初に行います。手のひらに多めに取ったクレンジング剤は、お肌に乗せてよく伸ばします。

このときに、決して力を入れてはいけません。感覚的には、こすらず優しく滑らすような感じです。お肌の上で、クルクルと円を描いてください。

クレンジングで汚れを浮いたら、ぬるま湯で洗い流してください。冷たい水ならまだしも、熱いお湯ですすぐのはNGです。熱すぎるお湯はお肌への刺激になるので注意してください。

洗顔

クレンジングが終われば洗顔です。洗顔で大切なことは、しっかりと泡立てた泡で洗うことです。もっちりとしたフワフワな泡にするためにも、泡立てネットを使うことをおすすめします。

たっぷりと泡立てたら、お肌に乗せて優しく洗います。そしてこの時も、決して力を入れてゴシゴシと洗ってはいけません。

洗ったあとは、クレンジングと同じようにぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。この時に、洗い残しがあると肌トラブルの原因になるので注意して下さい。

化粧水や乳液クリーム

洗顔終わったら、化粧水・乳液・クリームなどでスキンケアを行います。その時も、お肌に刺激を与えないようにしましょう。

コットンのパッティングが強すぎると、薄い皮膚にはそれだけで刺激になります。化粧水を付けたりクリームを塗る際は、じっくり浸透させることを意識してそっと押さえるようにしましょう。

生活習慣の見直しも大切です

シミを増やさないためには、お肌への刺激を与えないスキンケアが大切となります。けれど、スキンケアだけでなく生活習慣の見直しも同じくらい大切です。

栄養バランスの整った食事はもちろんのこと、十分な睡眠や適度な運動を取り入れるようにして下さい。

このシミ消し対策をきっかけにして、美容だけでなく心身ともにバランスの取れた健康を心がけていきましょう。

おすすめの記事