シミ消しクリーム

シミやくすみをどうにかしたくてシミ消しクリームを購入しようと思っても、種類や成分がたくさんあり過ぎて困ってしまいますよね。

効果がありそうなシミ消しクリームは、びっくりするようなお値段だったりします。かといって、プチプラの美白化粧品でほんとに効果があるのか心配です。

そこで今回の記事では、シミ消しクリームの選び方のポイントについてご紹介しています。ぜひ、シミ消しクリームを選ぶときの参考にされてください。

シミ消しクリームの選び方のポイント

シミ消しクリームの選び方は、2つのポイントがあります。

まず1つ目は、美白有効成分が配合されている商品を選ぶこと。2つ目のポイントは、その商品を継続して使い続けられるかということです。

なぜなら、美白有効成分が含まれていないシミ消しクリームをいくら使っても当然ながら意味がありません。

また、シミ消しの効果を実感できるまでには1~3か月の期間が必要だからです。

美白有効成分がシミ消しクリームに必要な理由は、シミが発生するメカニズムを理解すれば簡単です。

「老人性色素班」「炎症性色素沈着」「肝斑」などが代表的なシミの種類ですが、いずれにしても「メラニンの生成」によりシミとなってしまいます。

このシミを発生させるメラニンに対して、厚生労働省は美白有効成分の働きについて以下のように示しています。

「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」あるいはこれに類似した効能を表示することが認められた成分のこと。

このような理由から、シミ消しクリームを選ぶ時は美白有効成分が配合されている商品を選ぶ必要があります。

また、美白有効成分の効果を実感するためには1~3か月の期間が必要となります。

価格はもちろんのこと、テクスチャーが合わずに使用感がよくないこともあります。また、香りが合わないのも継続できない原因となってしまいます。

そうならないためにも、まずはトライアルセットでのお試しから始めてみるのをおすすめします。

美白有効成分について

シミを薄くする効果があるとされる美白有効成分ですが、代表的な物には「ビタミンC誘導体」「リノール酸S」「コウジ酸」「エナジーシグナルAMP」「プラセンタエキス」があります。

また、シミを予防する効果があるとされる美白有効成分として「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「トラネキサム酸」などがよく知られています。

シミ消しクリームを選ぶ際には、これらの成分が含まれているか確認して選ぶようにしてください。

高い美白効果が期待できるものに「ハイドロキノン」という成分がありますが、必要以上に白くなったり肌への刺激が強かったりします。

そのため、このような高い効果がある成分を使う際には注意して使うようにしましょう。

満足度99%のトライアルキット!

おすすめの記事