漢方 シミ 改善

シミを消したくていろんな美白クリームを試してみたものの、思うようにきれいにならなくてお困りではないでしょうか?

もしそうであるなら、それはお肌だけの問題ではないのかもしれません。つまり、体の内側にある問題に起因してシミが改善しにくいのかもしれないのです。

そのような時は、何はともあれ身体の内側を良好に保ちつつシミをケアする必要があります。そして、漢方はそれにピッタリな改善方法と言えるでしょう。

今回の記事では、漢方でシミを改善するための考え方や基本的なことについてご紹介いたします。漢方でのシミ改善をお考えであれば、ぜひ参考にされてください。

体の内側を良好に保つ

漢方では昔から「内臓の状態がそのまま肌に表れてくる」と言います。そのため、まずは身体の内側を良好な状態に保つことが先決だと教えてきました。

つまり、いくら高価な美白クリームをつけても体の内部が悪ければシミはなくならないというのが漢方の考え方なのです。

そのためにも、まずは毎日の生活習慣を見直すことから考えてみましょう。なかなか改善しないシミの原因に対して、きっと何か心当たりが見つかるはずです。

漢方薬でお肌を美しく改善するためには、まずは毎日の生活習慣から見直していくことをおすすめします。

血液の循環を活発にする

漢方によるシミの原因の考え方は、血の巡りが悪いことに起因して引き起こされるというものです。

血液の循環が活発になると、体の隅々まで血液が行きわたるようになります。そうなれば当然ながら、様々な栄養素が体中に送り届けられます。

栄養が行きわたった細胞は、元気な状態なので新しく生まれ変わります。つまり、新陳代謝が活発になるということになります。

そして、お肌の新陳代謝が活発になれば美肌に欠かせないターンオーバーサイクルが正常に繰り返されるようになるのです。

そうやって古い角質が正常に剥がれ落ちて、どんどん新しい肌に生まれ変わっていくのです。その結果、シミが少しずつ薄くなって改善していくわけです。

これだけではありません。血液の循環がよくなることは、シミの原因となるメラニンの排泄にも影響してくるのです。

血液の巡りが活発になると、体の中からメラニンがうまく排泄されるというのです。肌にメラニンが蓄積されなくなれば、当然ながらシミもできなくなります。

このように、シミを改善するためには血の巡りを活発にするというのは本当に大切になことなのです。

血液の循環を活発にする漢方薬

血液の循環が悪いことで引き起こされる問題はシミだけではありません。

冷え性や頭痛、肩こりの原因にもなるので注意が必要です。また、生理痛や生理不順という女性特有の症状も招いてしまうこともあります。

それでは、血液の循環を活発にする漢方薬にはどのようなものがあるのかご紹介いたします。

シミに良い漢方薬として、ケイシブクリョウガンリョウカヨクイニンがあります。

なんだかとっても覚えにくい名前ですが、この漢方薬は血の巡りを良くする桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)に肌を美しくするヨクイニンを加えたものです。

ヨクイニンはハト麦で作られる漢方で、肌荒れや肌のキメが乱れているときにおススメの漢方薬としてよく知られています。

ケイシブクリョウガンリョウカヨクイニンは、血液の巡りをよくしていくことで肌の新陳代謝を正常に戻していく効果があります。

肌トラブルの改善はもちろんのこと、女性特有の症状である生理不順等の改善にも働きます。

食生活の改善も必要です

漢方が効果的だからといって、食生活がおろそかになっていては元も子もありません。漢方だけに頼るのではなく、毎日の食生活にも気を付けましょう。

野菜であれば、オクラや玉ねぎ・ニラ・なす・チンゲン菜等が血の巡りをよくしてくれます。その他、お酢も良いとされています。

シミの改善のためにも、食事ではこれらを積極的に摂るようにしてみましょう。また、身体に負担がかからない程度の運動も血の巡りをよくするのでおすすめです。

ふくらはぎは、第二の心臓と言われています。それは、下半身に溜まった血液を筋肉で上へと押し上げて心臓に戻すというポンプの役目があるからです。

体内の血液循環を活発にするためにも、ふくらはぎに負荷のかかる運動がおすすめです。

おすすめの記事