シミ消し レーザー

30代に入るとお肌の質が変わると言われます。

シミが増えてくるのもその頃からで、1つや2つならまだしも、ファンデーションではとても隠せないほどのシミができてしまうことも。

そうなったらいよいよ、レーザーでのシミ消し治療が気になってくるのも無理はありません。

ということで今回の記事では、レーザーでのシミ消しの気になる部分についてまとめてみましたのでご覧ください。

レーザーでのシミ消し治療について

レーザーでシミを消す行為は治療になるので、おもに皮膚科で行います。けれど、治療後の経過や実際にシミが消えるのか?など、気になることはたくさんあると思います。

まずはレーザーで本当にシミが取れるのか?といいうことが最大の関心事かと思いますが、結論から言うときれいに取れるようです。

シミよっては治療前より黒ずむものもあるようですが、これも時間とともにきれいになっていくので心配はなさそうです。

しかしながら、この時間というのが曲者。長いと9カ月ほどかかることもあるそうです。肌周期でだんだんきれいになっていくものなので、こればっかりは仕方ないことです。

けれど、普通のシミであれば遅い人でも2週間ほどできれいに治るようですね。早い人では1週間ほどと言われています。

レーザー治療後に気を付けたいこと

レーザーでのシミ取りを受けた方全てに言えることですが、レーザーを当てた部分は火傷のようになります。そのためかさぶたができてしまいますが、これを剥がしてはいけません。

自然にはがれるまではメイクもできないですし、日焼けに気を付けないといけません。

痛みについては、ネットでの情報になりますがそれほど強い痛みではなさそうですね。よく聞くのが、ゴムではじかれた痛みといいうもの。

これくらいであれば、大丈夫ではないでしょうか?

レーザーでのシミ消し費用について

最後に気になるお値段ですが、施術法によって色々とあるので一概には言えません。

また、シミの数や大きさによっても変わってきます。一般的に、1㎝以下であれば8,000円程度がそうばのようですね。

ただ、数百個と数が多いシミでも小さいシミであれば3万円もあればしっかりとした施術を受けることができそうです。

一日も早く消したいシミかと思いますが、大切なのはレーザー治療で失敗しないこと。そのためにも、ご自身のシミの種類をよく理解することが先決です。

そのうえで、長期のお休みなどが取れる時期に計画的に治療されることをおすすめします。

おすすめの記事